適度な食事と運動が効果的なダイエットとなる

ダイエット体験談

適度な食事と運動が効果的なダイエットとなる

適度な食事と運動が効果的なダイエットとなる

久しぶりに体重計に乗った時に、自分が思っていた以上に体重が増えていたり、鏡に自分の姿を写して改めて、太っていたことを自覚にした時に、焦ってダイエットをしようと思うことでしょう。
これから食べる食事の量を極端に少なくしたり、運動で痩せようと、慣れないジョギングや筋力トレーニングを始めたりするかもしれません。
確かに痩せるために、カロリー制限を考えたら、身体を動かすことは、決して間違いではありません。

しかし、間違ったダイエット法をやってしまうと、むしろ太ったり、身体の故障を招いたりして、リスクがつきまといます。
ダイエットをするなら、正しい内容を理解して取り組むことが、とても重要になってきます。

ダイエットは、身体に溜まりすぎている脂肪を燃やして痩せることと、食事によるエネルギー補給を適切にすることです。
食事制減で間違いやすいことは、単純に食べる量を抑えることです。
この方法だと、脂肪の蓄積ができなくなりますので、身体はなるべく少ない食事の中でエネルギーを最大限に吸収しようもします。このような状態が続くと、ちょっとした過食の時に、今まで給しきれなかった分だけ積極的に栄養やエレルギーを吸収しようと動きます。
これがリバウンドの原因のなり、むしろ太ることになってきます。

したがって、痩せるにしても、1日3食は規則正しく食べながら、 腹八分で留めることが、食事制限によるダイエットのポイントになります。
運動面では、ジョギングのような有酸素運動は、確かにダイエットには効果的です。
しかし、普段、運動をしていない人が、いきなり走りだすことは、膝や腰に負担がかかってしまい、痛めることが出てきます。

無理のない運動としては、ウォーキングがおすすめです。
歩くことは、普段の日常生活で行なっていることでもありますし、運動として、どこでもできる方法です。
少し早歩きで、息切れしそうなのでペースまで歩くことができると、少しずつジョギングに、移行すればいいと思います。

これが無理のない有酸素運動です。。
また、筋力トレーニングは、筋力を上げることで、脂肪燃焼させる基礎代謝力を始めたり強めてくれます。
それによって、ダイエットになるのですが、無理のないトレーニングを行わないと、肉離れわ筋を違えたりと、これも故障につながってきます。

したがって、筋肉に軽い負荷をかける程度のトレーニングをじっくりと行うことがいいのです。
このように食事でも運動でも、適度な食事と適度な運動が、ダイエットにはいいのです。

1
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ